合宿免許はスマート?

『〇〇離れ』という言葉を、たまに聞くことがあります。昔の人はその〇〇を主な楽しみの中心として利用していたのに、現代の若者の利用者が少なくなっている、という言葉を表したものです。それは若者が離れていった…というよりは、時代の変化に伴って文化も価値観も変化してきましたし、昔よりもずっと多彩な趣味を持つことが出来るようになっています。

ですから、いわゆるその『〇〇』から離れているということは悪いことではありませんし、むしろより重要と思えることにお金を使っている、と言えるかもしれません。『〇〇離れ』という言葉の中には、『車離れ』という言葉も用いられることがあります。確かに、若年層は昔に比べて車の購入ということに積極的ではありません。それに、中古車なども安く購入できますから、そういった点で見た目よりも役割を優先させている、といえるかもしれません。

そんな時代にあっても、車の価値というものは、昔から変わっていません。いえ、その重要性は大きくなってきている、とも言えます。交通環境の整備により、私達は車でどこへでも行けるようになりました。ですから、たとえ『離れ』があったとしても、車の果たす役割の重要性自体は失われていない、と言えます。

さて、そもそも車に乗るためには運転免許を実際に取得しなければなりませんが、特に効率化を求める若い方々にお奨めの方法として、『合宿免許』という方法があります。これにはどのようなメリットがあるのでしょうか。